国道414号線旧道区間(七滝高架橋周辺)
(河津町)



※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

「河津七滝ループ橋」

伊豆半島に住んでいる人や、何度か伊豆半島を訪れたことがある人なら、聴いたことがあると思います。
交通量の多い国道414号線の河津地区にあり、初めて通る人はそのインパクトに驚く人もいるのではないでしょうか。
沼津方面から来た場合、このループ橋を超えると南伊豆に来たと感じる人も多いと思います。

しかしこのループ橋、もちろん最初からあったわけではありません。
つまり、旧道があるのです。

今回は、河津七滝ループ橋の旧道を調査したいと思います。








河津七滝ループ橋周辺の地図です。
赤いラインが国道414号線ですが、地図のほぼ中央で円を描いているのが分かります。
これが、河津七滝ループ橋です。
そして、緑色のラインが河津七滝ループ橋ができる前の旧道となります。


この調査では、沼津市側(左上側)から下田側(右下側)に向かいます。
また、写真は基本的に下田市側を向いて撮影しています。


なお、通常であれば現道を先にレポートしますが、河津七滝ループ橋は歩道が設置されていないことや、交通量が多いことから、今回は現道のレポートは省きます。
ご了承ください。


地図は国土地理院の電子地形図を使用







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

静岡県東部と伊豆半島各地を結んでいる国道414号線。
伊豆半島を縦断する数少ない国道として、終日交通量が多いです。

東海バスの「椎の木上」という停留所の脇からスタートします。
東海バスではおなじみですが、木の棒に時刻表を貼り付けただけという非常に簡素なポールとなっています。
なお、修善寺駅と河津駅を結ぶ路線バスが日中おおむね1時間に1本運行されています。






カーブを曲がり、前方の景色が開けてくるとループ橋の合図です。
この区間、歩道は設置されていませんが、路側帯が広めに取られているので歩きやすいです。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

旧道との分岐点です。
現道は、ゆるやかな右カーブでループ橋に差し掛かります。
ループ橋の区間は駐停車禁止となっているため、ここで規制が駐車禁止から駐停車禁止に変わります。
一方の旧道は、そのまままっすぐに山沿いを進んでいました。こうして見ると、旧道のほうが自然な線形にも見えます。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

旧道と分岐した現道は、すぐにループ橋(延長1064m)に入ります。
ただし、こちらはループの上部側となるため、この位置からはループ自体を見ることはできません。
なお、「河津七滝ループ橋」と呼ばれているこのループ橋ですが、実は正式名称は「七滝高架橋」となっています。
英語表記の「NANADARU-SPIRAL BRIDGE」が妙にかっこいいですねw




  
銘板です。
2枚設置されており、それぞれ「七滝高架橋」、「昭和56年3月完成」と書かれていました。
これで旧道の廃止時期がおおよそ把握できました。

本来なら、現道を先に調査するところですが、路側帯が狭いうえ交通量が多く、歩行者の通行は禁止されていませんが、危険と判断して止めました。
そのため、現道のレポートは無いことをご了承ください。





それでは、旧道に入ってみます。
ガードレールで仕切られているものの、立ち入り禁止などの掲示はありません。





入ってすぐ、土砂の山が進路を阻みました。
明らかに意図的に形成されたものですが、よく締まっており、乗り越えるのに苦労することはありません。
ちなみに、土砂の色が妙に白いですが、これは散った桜の花びらが堆積していたためです。






土砂を乗り越えると、その先にはしっかりとした旧道が続いています。
ただ、かつての路盤上には立派な木々が成長しており、廃止されてからの時間の長さを物語ります。






少なくとも昭和56年(1981年)には廃止されていた旧道ですが、ガードレールも残るなど、その状態はかなり良いです。
手前の木に巻き付けられた「↑」の看板は一体何を意味しているのでしょうか。





右側を見ると、現道が旧道に並走するように、ほぼ同じこう配で下っています。
ただし、こちらは地面、あちらは空中を通っており、たったこれだけしか離れていないのに、置かれている状況は大きく異なります。
そして、旧道には道路標識が残されています。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

廃止されてからメンテナンスを受けていなかったであろう標識は、本来設置されていた向きとは異なる方向に曲がってしまっています。
最高速度40km/hを示す標識自体は現在も現役ですが、補助標識である「高・中速車」の規定は廃止されており、現在はほとんど見ることができません。






標識を過ぎると、やや状況が悪化します。
長年の風雨により木々は倒れ、植物が成長しています。

それでも、まだ2車線の幅を維持しています。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

そのまま進むと、右側にトタン屋根の小さな建物が現れました。
旧道が現役だった頃は何かしらの商店でも営業していたのでしょうか?
窓が開きっぱなしだったのが不気味でした。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

建物を過ぎると、木に埋もれるようにしてまたしても標識が残されていました。
高さ制限3.8mを示すものでしたが、このあと高さ制限3.8mに引っかかりそうなものは見つかりませんでした。
なお、標識のポールに「静岡県」と貼られていますが、これは旧道が現役だった頃はまだ県道だったためです。
国道414号線となったのは、ループ橋が完成してからです。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

なおも旧道は続きますが、ここで突然トラロープが出現し、旧道右側の崖下へ誘導するように張られていました。
その先を辿ると下りの階段となっており、やがて車道に合流して七滝ループ橋の下に出ます。
旧道の冒頭で登場した「↑」の看板とこのトラロープから推測するに、この旧道が一時期遊歩道などで開放されていた時期があったではないかと思います。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

ちなみに、トラロープの先の階段を下ると、このように現道のループ橋を間近に見ることができます。
普段はなかなか見ることができない角度から見るループ橋は、少し新鮮です。






次のページでも、引き続き旧道を調査します。


続きへ  戻る



inserted by FC2 system