沼津港線(旧線)



左の地図は、沼津港線の"旧線"と"新線"の分岐点周辺の様子です。
これから探索する"旧線"を赤線(分岐点から港大橋方面へ向かう線)で、"新線"をピンク線(南へ向かう線)で示しています。

地図は国土地理院の電子地形図を使用






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

沼津港線の新線・旧線の分岐を旧線方向へ向かいます。






旧線は、終点まですべて緑道化されています。
しかし、植物が好き放題に成長し、先ほどまでの緑道と比べるとあまり管理がされていないようです。

私の前をぬこが歩いていました(写真中央下)






道路を横断します。
この辺りは工場が多いです。






まもなく終点です。
この辺りまで来ると、緑道を歩く人もあまりいません。






沼津港線旧線の最後の横断です。
今までよりも緑道の幅が広いので、この辺りでは線路は複線になっていたのではないかと思います。






道路を横断すると、緑道はさらに幅を広げ、終点である雰囲気を引き立てます。
その幅の広い部分には、廃線跡にありがちな車輪と腕木式信号機のモニュメントが、特に説明も無く展示されています。
実際に沼津港線で使用していたものなのでしょうか?

数年前まではミニチュアの機関車も置いてあったそうですが、老朽化が進んだためか撤去されたようです。






緑道は、そのまま狩野川の堤防にぶつかって終了します。
まさしく、沼津港線旧線の終点です。

なお、緑道からは階段で狩野川の堤防に登ることができます。



ちなみに、沼津港線の新線は1954(昭和29)年〜1960(昭和35年)の間に開通していますが、その後すぐに旧線が廃線になったというわけではないようです。
地形図を見たところ、新線の開通後も旧線は描かれており、その旧線の表記は沼津港線が廃線するまで描かれたままでした。
そのことを考えると、おそらく新線の開通後も、旧線は何かしらに使用されていたと思われ、必ずしも"旧線"という表現が正しいとは限らないのかもしれません。


以上で、沼津港線旧線区間の探索を終了します。





"新線"の探索へ  戻る



inserted by FC2 system