調査日:2012年10月30日


大井川鐡道本線「新金谷駅側線」
(2ページ目)





大井川鐡道の新金谷駅から出ている側線(赤ライン)を探索しています。
新金谷駅側から探索をしており、このページでは小さな川を渡った先のカーブから始めます。


地図は国土地理院の電子地形図を使用







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

カーブを終えた側線は、再び道路と並走するようになります。
道路との間に柵などは設置されておらず、簡単に線路内に立ち入ることができてしまいます。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

そのまま進むと、踏切が出現します。
ただし、私有地内の踏切で、手動の遮断機が設置されているだけの非常に簡素なものです。





このあたりは工場が立ち並び、さながら専用線のような雰囲気を醸し出しています。
相変わらず柵が無いので、併用軌道のようになってしまっています。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

今度は踏切が2つ連続します。
どちらも私有地の踏切ですが、手前の踏切は片側のみ手動の遮断機があるものの、奥の踏切は何もありませんw





この先、側線はほぼ直線となります。
またしても並走する道路が無いため、少し迂回します。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

少し開けた場所に出ました。
この場所には、レールや枕木、錆びた車輪などが置かれており、鉄道関連の施設であることは間違いないようですが、立入禁止の看板も無ければ、柵なども無いとは・・・。

そして、何やら奥のほうが怪しい雰囲気ですが・・・。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

!?

なんか大変なことになってる・・・。





形からしてSLだということは分かるものの、形式がまったく読み取れないこの機関車は、C12−208のようです。
なんでも、本線で活躍しているSLの部品取り用として置かれているのだとか・・・。

(余談ですが、このC12−208、なんと2015年に千頭駅に移動のうえ「きかんしゃトーマス」のパーシーに生まれ変わっています。
何かと動きのある側線のようで、気づくと留置されている車両が変わっていたりします。)






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

C12−208の後ろにあるのはクハ861です。
クハ861は、元:名鉄3800系だったものをトロッコ列車風に改造したもので、こちらは部品取りというわけでもなく放置されているようです。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

さらに、クハ861の先にはホキが2両置かれています。
側線がある鉄道は全国にありますが、このような異様な雰囲気の側線はここだけではないでしょうか。
この光景を見れば、この側線が「大井川鐡道の墓場」と呼ばれている理由も分かると思います。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

そして、このホキを最後に、側線は終了となります。
なお、この側線ですが、通常は通電しておらず、列車が入線する時のみ通電させているようです。





この側線ですが、元は砂利採取線だったようです。
どうりで途中の雰囲気が専用線っぽく見えたわけです。
そして、砂利採取線の役目を終えたあと、現在のように引退した車両の留置に使用されるようになったようです。

また、車両の搬入・搬出の際にも使用されています。
その際には側線の脇までトレーラーやトラックが乗り入れ、線路から荷台へ、もしくは荷台から線路へ載せ替えます。
これは、大井川鐡道が他の鉄道と繋がっていないためです(かつては金谷駅で東海道本線と接続していましたが、現在は連絡線が撤去されています)。


特異な姿を見せている大井川鐡道の新金谷駅側線。
良くも悪くも、大井川鐡道っぽさを見ることができる側線であると思います。



戻る



inserted by FC2 system