調査日:2020年4月11日、公開日:2022年11月10日


国道152号線旧道(大川トンネル)
(旧道編)


長野県上田市と静岡県浜松市を結ぶ国道152号線の大川トンネル旧道を探索しています。

地図の南東(右下)、緑色のラインの場所が紹介する旧道で、トンネルひとつ分の短い旧道となります。
地図の下(南)から上(北)方向へ向かってレポートしていきます。

それでは、旧道を調査していきます。


地図は国土地理院の電子地形図を使用







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。


旧道は、現道の大川トンネルの手前から左方向へ分岐します。
最初の数十メートルは、特に規制も無く立ち入ることができます。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。


しばらく進むと、バリケードと「車両通行規制について」という看板が見えてきました。
あくまで通行の規制は車両だけであり、歩行者は通っても良いようです。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。


バリケードを越えると、車両の通行が無いぶん、やや路面が荒れてきます。
とはいえ、さすが国道152号線、旧道でも十分な幅が取られています。
そして、この場所には天竜警察署によって設置されたと思われる看板の残骸が残っていました。
交通標語などが掲げられていたのでしょうか。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。


地形に沿って細かなカーブが続きます。
この場所には、つづら折りありの警戒標識が、なぜか2枚残っていました。
手前の標識は、色褪せ具合を見てもかなり古そうです。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。


どうやら自転車がたまに通行しているようで、一筋の轍が続いています。
確かに、トンネルは排気ガスなどがあり自転車ではあまり通りたくないので、多少遠回りであっても旧道へ迂回するほうが走りやすいのかもしれません。
この場所には、国土交通省が設置した案内板が設置されていました。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。


年季の入った落石注意の警戒標識も残っていました。
支柱には「静岡県」のシールが貼られており、国道152号線の旧道であることが分かります。




前方に掘割が見えてきました。
この掘割部分が、この旧道区間では一番狭いように感じます。
このあたりがボトルネックとなり、新たに大川トンネルが掘られたのでしょう。







掘割を抜けると、まもなく現道に合流します。
こちら側にもバリケードが設置されており、やはり車両の進入はできなくなっています。








※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。


そして、現道に合流しました。
短いながら、標識や看板など、国道時代の名残が残る良い雰囲気の旧道でした。


現道へ 戻る




inserted by FC2 system