調査日:2016年4月8日、公開日:2017年12月10日


国道300号線旧道(長塩トンネル周辺)
(身延町)



国道300号線は、山梨県の富士吉田市と同県身延町を結んでいる国道で、「本栖みち」という愛称が付けられています。
現在は全線に渡って2車線の幅が確保されており、途中にヘアピンカーブが連続する区間があることを除けば、走りやすい道です。

しかし、その走りやすさは線形が改良された証拠でもあり、至るところに旧道が存在しています。
今回は、その中でも身延よりにある旧道区間を紹介します。

左の地図で、赤いラインが国道300号線です。
そして、緑のラインで示しているのが旧道になります。
この地図を見ても分かるように、比較的長い旧道区間となっています。

それでは、レポートしていきます。
なお、基本的に左(身延側)から右(富士吉田側)へ向かって進んでいきます。


地図は国土地理院の電子地形図を使用







身延側から走ってくると、しばらくの間は快走路が続く国道300号線。
この付近も、2車線幅に加え歩道も設置されており、非常に走りやすいです。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

ここで、左側に旧道が分岐します。
未だにセンターラインも引かれたまま残っており、非常に分かりやすい分岐です。





そのまま現道を進みます。
現道は、すぐに橋に差し掛かります。
探索時、すでに4月でしたが、まだ「凍結注意」の看板が設置されていました。





  
橋の欄干には4枚の銘板が設置されており、うち2枚は名前が記載されています。
それによると、この橋は北川上橋という名前のようです。





残り2枚のうち1枚は、竣工年月が掲載されています。
竣工は1995(平成7)年となっており、これは現道の開通時期の手掛かりとなりそうです。






もう1枚は、河川名が掲載されています。
この常葉川は、このあとも登場してきます。






北川上橋の先も、センターライン付き+片側に歩道という申し分のない快走路が続きます。






しばらく走ると、「長塩→」という青看板が見えてきます。
また、消えかけているものの、しっかりと右折レーンも用意されています。






そして、今度は右側へ旧道が分岐します。
いかにもといった雰囲気で分かりやすい分岐ですが、ここでおかしいと思った方がいるはずです。

そう、先ほど左へ分岐した旧道がまだ合流していません。
なぜ、まだ合流していない旧道の分岐があるのでしょうか。
これについては、あとで触れたいと思います。






旧道との分岐を過ぎると、再び橋に差し掛かります。
一見すると、現道の橋と旧道の橋が平行して架けられているように見えますが、実はこれで1本の橋となっています。
その証拠に、中央のガードレールには銘板は設置されておらず、左右の欄干にのみ銘板が設置されています。

1本の橋を中央で分け、現道と旧道が供用しているのはなかなか珍しい光景に思います。





  
2枚は橋の名前が漢字とひらがなで掲載されており、「長塩下橋」となっています。
先ほどの「北川上橋」とは書体が異なっています。




  
残り2枚は竣工年月と河川名が掲載されており、先ほどの「北川上橋」と同様の内容でした。
ただし、竣工年月は「北川上橋」よりも半年遅い平成8(1996)年3月となっています。
また、河川名は「北川上橋」が渡っていた川と同じ常葉川です。現道は、この短い区間で2回も常葉川を渡っています。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

「長塩下橋」を渡ると現道はすぐにトンネルに入りますが、その直前で最初に左側へ分岐した旧道が現道を横断します。
ここで、先ほど右側へ分岐した旧道の謎が分かります。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

つまり、もともと旧道は赤ラインのルートで通っていましたが、現道の開通によって分岐場所が付け替えられていたのです。
先ほど右へ分岐した旧道は、厳密には旧道ではないということになります。
付け替えられた理由としては、旧道が現道のトンネルの直前を横断しており、旧道から車が出てくる際に見通しが非常に悪くなってしまうなどの理由が考えられます。





現道は、長塩トンネルに入ります。
身延側の坑口はレリーフなどは設置されておらず、特徴的な点は特にありません。
センターライン付き+片側に歩道という非常に広いトンネルとなっています。
前半はゆるやかな右カーブとなっています。





  
扁額とプレートです。
1997(平成9)年11月の竣工と、先ほどの「長塩下橋」より2年近く遅い竣工となっています。
また、延長は336mとなっています。





最初は右カーブとなっている長塩トンネルですが、後半は直線となっています。
歩道も広く、歩いていてもまったく不安を感じません。
もっとも、この歩道を通行する人が1日に何名いるかは疑問なところではありますが・・・。






富士吉田側の坑口です。
こちら側は、若干デザインが取り入れられているようです。
それにしても、トンネル上の土被りが少ないですね。
その気になれば掘割りにできたのではないかと思います。






長塩トンネルを抜けると、すぐに右側から旧道が合流してきます。






旧道の合流地点を振り返ってみます。
いかにもといった雰囲気の合流ですね。

次のページでは、旧道を探索してみます。



2ページ目へ  戻る




inserted by FC2 system