調査日:2018年3月18日、公開日:2018年11月1日


国道362号線旧道区間(高路沢トンネル周辺)
(浜松市)



国道362号線は、愛知県豊川市から静岡県静岡市葵区までを結んでいます。
このうち、静岡県浜松市から静岡市にかけては、気田川や大井川に沿って山間部を通ります。
浜松市街や静岡市街から千頭・井川方面へ向かう主要道路となっており、行楽シーズンを中心に交通量が多いです。
今でこそ、山間部を含む多くの区間でセンターライン付きの2車線幅が確保されている国道362号線ですが、これはもちろん新道の開通などによります。
つまり、旧道が多く存在していることを意味します。

今回は、数ある旧道の中でも、高路沢トンネル周辺の旧道を紹介します。

左の地図は、縮尺がたいへん小さくて申し訳ありませんが、なにせ旧道の周辺に目標物となるものが無くいもので・・・w
地図の下部、左右に通っている緑のラインは新東名高速道路です。
右下から現れ、左下へ消えていく鉄道は天竜浜名湖鉄道、西鹿島駅から分岐し、下へ消えていく鉄道が遠州鉄道です。
また、上下方向に流れている大きな川は天竜川です。
左下から右上に向かって赤いラインの国道362号線があるのが分かります。
そして、右上に黄緑の○で囲んだ部分が、今回紹介する旧道区間となります。
浜松市街地から離れた山間部であることが読み取れます。


地図は国土地理院の電子地形図を使用







旧道付近を拡大した地図です。
この周辺、国道362号線は二俣川に沿うように通っています。
地図の左側、黄緑のラインで示したところが旧道となります。
現道がトンネルで直線的に通過しているのに対し、旧道は二俣川の蛇行に合わせるような線形となっています。
地図上では、まだ旧道が残っているように書かれていますが、はたして実態は・・・。

それでは、まずは現道からレポートしていきます。
基本的に、地図の左(西・浜松市街側)から右(東・千頭側)へ向かいます。


地図は国土地理院の電子地形図を使用






センターライン付きの車道に加え、片側に歩道まであり非常に走りやすい国道362号線。
まわりに人家の見当たらず、私以外の歩行者もいないのに、本当にここまで広い歩道が必要なのか気になるところではありますが・・・。
右カーブの先に、小さくトンネルが見えます。






緩やかな右カーブが始まろうというところで、いかにもといった雰囲気で左に旧道が分岐していきます。
旧道は、現道よりも低い位置を通っているのが分かります。

まずは、このまま旧道を進みます。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

旧道が分岐すると、現道は右へカーブします。
すると、すぐに右側のガードレール下に銘板が設置されているのを発見しました。
どうやら橋のようですが、親柱や欄干は無く、普通に走っていると気づくことはないと思います。




  
そして、よく見ると左側のガードパイプ下にも銘板が設置されており、しっかりと4枚銘板が存在していました。
これによると、橋の名前は「新光路沢橋」・「しんこうろざわはし」となっています。
おそらく、この橋で跨いでいる沢の名前が光路沢という名前なのでしょうが、変わった名前です。





残りの2枚は完成年月が刻まれており、1995(平成7)年3月の完成となっています。






ちなみに、旧道から見ると橋というよりは暗渠といった雰囲気です。
暗渠ではなく橋としたのにはなにか理由があるのでしょうか。






新光路沢橋を渡ると、いよいよトンネルが近づいてきます。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

レリーフが彫られた坑口が特徴的な現道のトンネル。
上部に設置されている扁額によると「光路沢トンネル」という名前となっています。





また、坑口の左側には竣功年月が刻まれたプレートが埋め込まれており、これによると1995年11月の竣功と先ほどの新光路沢橋と同じ年になります。

となると、この区間の現道の開通は1995年頃になるのでしょうか。






光路沢トンネルは、センターライン付き2車線に加えて片側に歩道もあり、広々としています。
トンネル内は、ずっと右カーブが続きます。






延長が90mと短いため、すぐに出口となります。






光路沢トンネル千頭側坑口です。
レリーフが刻まれたデザインは浜松市街側と同様ですが、汚れが目立っていた浜松市街側と比較すると綺麗な姿を保っています。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

光路沢トンネルを出ると、すぐに右側から旧道が合流してきました。
旧道の分岐から200mほどと、かなり短い区間となります。

それでは、続いて旧道区間を調査します。



旧道へ  戻る




inserted by FC2 system