調査日:2018年3月25日 公開日:2020年8月19日


国道362号線旧道(水川トンネル)
(川根本町)




国道362号線は、愛知県豊川市から静岡県静岡市葵区までを結んでいます。
このうち、静岡県浜松市から静岡市にかけては、気田川や大井川に沿って山間部を通ります。
浜松市街や静岡市街から千頭・井川方面へ向かう主要道路となっており、行楽シーズンを中心に交通量が多いです。
今でこそ、山間部を含む多くの区間でセンターライン付きの2車線幅が確保されていますが、これはもちろん新道の開通などによります。
つまり、旧道が多く存在していることを意味します。

今回は、国道362号線に数ある旧道の中でも、川根本町にある水川トンネルの旧道を紹介します。
左の地図で、蛇行しながら流れている川は大井川です。
大井川の東(右)側を通っている鉄道が大井川鐵道で、この田野口駅が目印となります。
そして、大井川の西(左)側を南北に通っている赤いラインが国道362号です。
そのうち、黄緑のラインで示したところが旧道となります。


地図は国土地理院の電子地形図を使用







旧道付近を拡大した地図です。
トンネルで直線的に通過していく現道に対し、旧道は地形に沿ってカーブを描いています。
そこまで長い距離ではありませんが、地図上では、すでに旧道は表示されていません。
はたしてどのような状況になっているのでしょうか。

それでは、まずは現道からレポートしていきます。
基本的に、地図の下(南・静岡市街側)から上(北・千頭側)へ向かいます。


地図は国土地理院の電子地形図を使用






センターライン付きの車道に加え、片側に歩道まであり非常に走りやすい国道362号線。
まわりに人家の見当たらず、私以外の歩行者もいないので、歩道はかなり持て余している感じですが・・・。

左カーブの先に、トンネルが見えます。






カーブを終えトンネルに正対すると、いかにもといった雰囲気で右側に旧道が分岐します。
まずは、そのまま現道を進んでいきます。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

旧道が分岐してすぐ、現道は「水川トンネル」に入ります。
坑口には、お茶の花のレリーフが彫られています。




銘板とは別に、坑口左下には竣功年月が刻まれたプレートが設置されています。。
これによると1997(平成9)年2月竣功ということで、おおよその現道の開通日が推測できます。






新しいトンネルというだけあって、片側に広めの歩道が設置されている、ゆったりとした造りになっています。
延長163mのトンネル内は、全区間が緩やかな左カーブとなっています。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

水川トンネルを出ると、すぐに右側から旧道が合流してきて旧道区間は終了となります。
現道ならトンネル1本分の短さですが、はたして旧道はどのようになっているのでしょうか。

次のページでは旧道をレポートします。




旧道へ  戻る




inserted by FC2 system