調査日:2008年3月23日、2012年11月29日、公開日:2020年3月9日


国道414号線旧道(江浦隧道)
(沼津市)




国道414号線は、静岡県下田市と沼津市を結んでいます。
伊豆半島を縦断しており、ほとんどの区間で2車線以上の幅が確保されていることから、全線にわたって交通量が多いです。
特に、行楽シーズンには市街地を通る区間を中心にかなりの混雑となる場合があります。
しかしながら、沿道には住宅が建ち並んでいるため拡幅が困難となっており、バイパスの建設が進められている場所もあります。
当然、これまでも数多くの線形改良や付け替えが行われており、今回紹介する旧道区間も、そのうちのひとつです。

左の地図は、沼津市獅子浜地区から江浦地区にかけてのものです。
左上が沼津市街地方面、右側が下田市方面となります。
海沿いを通る赤いラインが国道414号線ですが、地図を見ても分かるようにカーブが多く、また幅も狭いことからボトルネックとなっています。
そのため、この地域でもバイパスの建設が予定されています。
中央やや右側にある黄緑色のラインが旧道となりますが、見てのとおりかなり短いです。

このレポートでは、基本的に地図の左側(西)から右側(東)へと進んでいきます。
まずは現道からです。


地図は国土地理院の電子地形図を使用






ほとんどの区間がセンターライン付きの2車線幅以上となっている国道414号線ですが、この獅子浜地区や江浦地区はセンターラインこそあるものの幅が狭く、カーブも多く見通しが悪いため、大型車同士のすれ違いが難し場所があります。
また、一応両側には歩道もありますが、歩行者同士ですらすれ違うのが難しいほど狭く、交通量の多さも相まって危険な状態です。
しかし、沿道には住宅が建ち並び、これ以上の拡幅は困難となっているため、バイパスの建設が予定されています。






カーブを抜けると、正面にトンネルが見えてきました。
あのトンネルこそが旧道です。

ちなみに、写真では車が1台も写っていませんが、たまたまタイミングが良かっただけで、実際にはかなり交通量が多いです。






旧道との分岐点です。
一般的には、旧道が明かり区間、新道がトンネルであることが多いのですが、ここでは逆となっています。
とりあえず、現道を進みます。





現道は、深い切り通しを通過します。
しかしながら、先ほどまで通っていた場所よりも気持ち車線が広く取られ、歩道も広くなっているため圧迫感はありません。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

切り通しを過ぎると、すぐに右側から旧道が合流してきて、旧道区間は終了します。





旧道との合流地点を過ぎると、両側にあった歩道のうち左側が消滅し、車線の幅も狭くなりました。
それでは、次のページでは旧道を探索します。
とはいえ、すぐに終わりますが・・・。



旧道へ  戻る




inserted by FC2 system