調査日:2013年6月9日・22日・23日


静岡県道140号線
(沼津市)



それは、ふと地図を見ていた時のことでした。


静岡県沼津市の大平という地区の地図です。
左上に少しだけ見えている川は狩野川で、この川を境界に北側は三島市となります。

一見、特に不審な様子はありませんが、県道を示す黄色いラインの道路に注目すると・・・


地図は国土地理院の電子地形図を使用






意味深・・・。

明らかに不自然な終わり方は、未成道を思わせます。
その名も静岡県道140号線「三島静浦港線」。
今回は、この県道140号線を調査したいと思います。


地図は国土地理院の電子地形図を使用







赤いラインが、今回調査する区間になります。
地図の右側から左側へ向かって調査していきます。
なお、途中までは県道139号線との重複区間となります。


地図は国土地理院の電子地形図を使用






県道139号線との重複区間ということもあり、センターラインのある2車線の車道に加え、両側に歩道まで設置されています。
沼津市と伊豆方面を結んでいるため、ラッシュ時間帯を中心に交通量は多めです。
最近は、東駿河湾環状道路(伊豆縦貫道)が開通したため、さらに交通量が増えた印象があります。

さて、早速青看板が設置されていますが・・・






行き先が一切書かれてないw
県道139号線については、以前は何か書かれていたようですが、塞がれています。
これでは、青看板の意味を成していないような・・・。

さらに、この青看板には間違いがあります。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

信号機の設置されていないこの交差点が、先ほどの青看板が予告していた交差点です。
青看板では、県道139号線はここを右に分かれるような表現となっていましたが、実際には直進も県道139号線なのです。
数年前までは確かに青看板の通りだったのですが、近年になって県道139号線の新道が開通したため、直進も県道139号線に指定されています。
そのため、この交差点は、どの方向へ行っても県道139号線ということになります。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

交差点を過ぎ、引き続き県道139号線との重複区間が続きます。

県道であることを示すヘキサも、重複区間であることを証明しています。
しかも、わざわざ補助標識に「重複区間」という表示まで入っていますが、一般の人には意味が分からないと思います。
この補助標識を設置した人にはセンスを感じますねw






県道140号線は住宅地の中を進みます。

写真にバス停が写っている通り、この区間は路線バスも通ります。
しかも、日中でも1時間に4本程度の本数と、この地域にしては高頻度の運転となっています。






次第に民家が少なくなり、景色が開けてきました。

このあたりはカーブや信号が無く、見通しも良いため、飛ばす車が多いです。
ゆえに、警察もよく取り締まりを行っています。






先ほどまでとは一転、今度は田園地帯の中を通るようになります。

写真右側にバスがたくさん写っていますが、これが沼津登山東海バスの大平車庫になります。
先ほどのバス停もこのバス会社のもので、この道路を使用して頻繁にバス車両が出入りしています。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

沼津登山東海バスの大平車庫の真横を通過中です。
反対向きのヘキサが立っていますが、やはり「重複区間」の補助標識が設置されていました。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

そして、この場所からはこちら向きのヘキサを遠くに見ることができるのですが、なんと県道139号線のヘキサしか設置されていません!
補助標識にも「重複区間」の文字はありません。

これが意味することは、この写真に写っているわずかな範囲で県道140号線が分岐したということです。
青看板が無いどころか、それらしい分岐も見えないのですが・・・。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

まさか、こういうことなのか・・・!?



続きへ  戻る




inserted by FC2 system