調査日:2018年3月4日、公開日:2019年2月2日


静岡県道15号線旧道区間(小杉原地区)
(松崎町)



静岡県道15号線は、下田市と松崎町を結んでいます。
西伊豆と南伊豆を連絡する主要道路となっており、この地域にしては交通量が多いです。
また、下田駅と松崎を結ぶ路線バスも、ほとんどがこの静岡県道15号線を経由して運行されています。
現在は、すべての区間がセンターライン付きの走りやすい県道となっていますが、もちろんこれは線形改良によるもので、旧道となっている区間が存在します。
その中でも、今回は婆娑羅(ばさら)峠の松崎側にある旧道区間を紹介します。

左の地図で、黄色いラインが県道15号線の現道です。
地図の右下に「婆娑羅隧道」という表示がありますが、この婆娑羅隧道を境界に、右側(東)が下田市、左側(西)が松崎町となります。
そして、地図の左側に赤いラインで示したところが旧道です。
現道に沿うように1kmほどの区間となります。

このレポートでは、基本的に地図の左側(西)から右側(東)へ向かっていきます。

地図は国土地理院の電子地形図を使用






松崎から出発した県道15号線は、婆娑羅隧道へ向けて徐々に標高を上げていきます。
このあたりまでくると、空もだいぶ広く見えるようになり、いよいよ峠が近いことを予感させますが、それを思わせない快走路です。






ここで、旧道が右へ分岐します。
まずは、このまま直進し、現道区間をレポートしていきます。

ちなみに、写真に写っているバイクは私のものではありませんw






現道は、引き続きセンターライン付きの幅が続きます。
このあたりは、路側帯も比較的広く、歩いていて不安を感じません。

そろそろラインを引き直してほしいところではありますが・・・。






旧道との分岐からしばらくして、現道は橋を渡ります。
橋といっても、ガードレールの土台が一部異なるだけで、車で走っていたら気づかないのではないかと思うくらい小さなものです。





  
この橋は、ガードレールの土台部分に銘板4枚が設置されています。
そのうち2枚は橋の名前が書かれており、これによると「小杉原3号橋」という名前のようです。





残りの2枚は竣功年月が書かれており、1978(昭和53)年3月の竣功となっていました。
これは、現道が建設された時期を特定する貴重な手掛かりとなります。






小杉原3号橋を渡ると、現道はゆるやかに右へカーブします。
このあたりは、なぜか側溝の蓋が数mおきに1枚だけ置かれています。
また、対向車線側には謎の退避スペースらしきものが・・・。
アスファルトが苔むしているので、ほとんど使用されていないようですが、何かしら使用していたのでしょうか。






峠が近づいてきたためか、先ほどよりはカーブが多くなってきたイメージです。
センターラインも、追い越し禁止のオレンジ色のラインに変わりました。

今度は、左側に謎のスペースが現れました。
この部分だけは側溝の蓋も連続して設置されており、一応車が乗り入れられるようになっています。






県道15号線のヘキサが設置されています。
このあたりは、最近舗装を修繕したようで、ラインもキレイに引かれています。






なおも緩やかな上り勾配で峠を目指します。

伊豆半島には、いくつもの峠道がありますが、その中でもこの県道15号線は、かなり走りやすい道路であると思います。
正直、あまり峠を越えているという実感は湧きません。






ここで、2回目の橋が登場しました。
先ほどの小杉原3号橋と同様、ガードレールの土台が一部異なっているだけの小さな橋です。





  
やはり、ガードレールの土台部分に銘板が4枚設置されており、うち2枚は橋の名前が書かれています。
これによると「小杉原2号橋」という名前のようです。





残り2枚は竣功年月が書かれており、1980(昭和55)年3月の竣功となっていました。
先ほどの小杉原3号橋が1978年の竣功だったので、この数百mの建設に2年間掛かっていることになります。
あまりスムーズに進んではいなかったようです。

また、先ほどの小杉原3号橋とは、銘板の形状や文字の書体が異なっています。






小杉原2号橋を渡った現道は、右へカーブします。
それにしても、相変わらず側溝の蓋が数mおきにしか設置されていませんが、どのような意図があるのでしょうか。






そして、すぐに再び橋に差し掛かります。
例によって、これまでに渡ってきた2本の橋とほぼ同様の造りとなっています。





  
やはり、ガードレールの土台部分に銘板が4枚設置されており、うち2枚は橋の名前が書かれています。
これによると「小杉原1号橋」という名前のようです。
これで、小杉原橋シリーズは3本が出揃いました。





残り2枚は竣功年月が書かれていますが、1979(昭和54)年3月の竣功となっていました。

小杉原3号橋が1978年、小杉原2号橋が1980年、そして小杉原1号橋が1979年・・・。
これは、両側から現道の建設が行われたことを意味していると思われます。
そう考えると、小杉原3号橋の建設から小杉原2号橋の建設まで2年間掛かっていた理由も納得できます。

となると、現道の開通は1980年頃であると考えられます。
つまり、この区間の旧道は、旧道となってからまもなく40年を迎えることになります。
果たして、どのような状態となっているのでしょうか・・・。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

小杉原1号橋を渡ると、すぐに右側から旧道が合流してきます。
これで、現道のレポートは終了です。

次のページでは、旧道をレポートしていきます。



旧道へ  戻る




inserted by FC2 system