静岡県道17号線旧道(久連地区)(沼津市)


調査日:2012年11月19日



静岡県道17号線は、沼津市口野を起点とし、伊豆市土肥までを結ぶ道路です。
駿河湾沿いを走る場所が多く景色に富んでいますが、幅の狭い個所があり、すれ違いに難儀する場所もあります。

今回は、西浦地区の久連(くづら)という地域にある県道17号線の旧道を紹介します。

左の地図で、緑色のラインが現道、赤いラインが旧道となっています。
地図で見ても分かるように、数百メートルほどのミニ旧道です。

この調査では、沼津市側(上側)から伊豆市側(左側)に向かいます。
また、写真は基本的に伊豆市側を向いて撮影しています。

地図は国土地理院の電子地形図を使用






この地区の県道17号線は、駿河湾に沿うようになっています。
この写真のように、中央線が現れては消え、消えては現れてを繰り返す、1,5車線から2車線の幅が続きます。

しかし、交通量は比較的多く、路線バスも運行されています。






ここが、沼津市側の旧道との分岐点です。いかにもといった感じでやや左側に分岐していくのが旧道、そのままゆるやかに右へカーブしていくのが現道です。
まずは、このまま現道を進んでいきます。




うおっまぶしっ!

ちょうど逆光となる時間帯だったようで、大変の見苦しい写真で申し訳ござません・・・。

新道ということもあり、2車線+歩道という立派な道路が続きます。






この新道ですが、私が調査した限りでは、1970(昭和45)年から1972(昭和47年)の間に開通したようです。
ただし、新道によく似た道筋の道路が1946(昭和21)年から1947(昭和22年)の間に開通しているのも確認しており、どちらが正しいのか判断できていません・・・。

この地域の詳細な縮尺の地図を発見することができれば判断できそうですが、今のところ見つかっていません。

道路の広さを考えると、1970(昭和45)年から1972(昭和47年)の間が正しいと思いますが・・・。






しばらく駿河湾沿いに進んだ現道は、今度はゆるやかな左カーブで駿河湾から離れていきます。






カーブを過ぎると、しばらく直線が続きます。
このあたりは、道路の左右に商店や住宅が並んでいます。






やがて、左側から旧道が合流し、新道区間は終了します。






旧道との合流地点を振り返ります。
こちら側も、いかにもといった雰囲気の合流となっています。




現道は、特にこれといった特徴も無い、普通の道路でした・・・。
次のページでは、旧道を調査します。

旧道へ  戻る



inserted by FC2 system