調査日:2012年11月19日


静岡県道17号線旧道(富士見トンネル)
(沼津市)




静岡県道17号線は、沼津市口野を起点とし、伊豆市土肥までを結ぶ道路です。
駿河湾沿いを走る場所が多く景色に富んでいますが、幅の狭い個所があるうえに路線バスが通っているため、すれ違いに難儀する場所もあります。

県道17号線は古くから存在しており、各所に旧道が見られます。
今回は、その中でも三津地区にある富士見トンネル周辺の旧道を紹介します。

黄色いラインが県道17号線の現道、赤いラインが旧道になります。
地図を見ても分かるように、この付近は入り江のようになっており、内浦漁港があります。

この調査では、沼津市街側(上側)から土肥側(下側)に向かいます。
また、写真は基本的に土肥側を向いて撮影しています。


地図は国土地理院の電子地形図を使用






沼津と伊豆を結ぶ主要道路として多くの車が通る県道17号線。
このあたりは、まだ沼津市街地とも近く、また伊豆長岡駅方面への分岐もあるため、交通量が多いです。

ちょうど写真にバスが写っていますが、これは沼津登山東海バスの車両で、日中は1時間に2本ほどの頻度で県道17号線を走っています。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

現道がトンネルに吸い込まれていく直前、右へ分岐する細い道があります。これこそが旧道です。
なお、右にある施設は「伊豆三津シーパラダイス」という水族館で、連休中などは駐車場に出入りする車で周辺道路が混雑することもあります。





まずは現道から辿ってみます。
現道は、旧道が分岐するとすぐにトンネルに入ります。






トンネルは、一般的なコンクリート製で、特に目立った特徴はありません。






扁額です。
「富士見トンネル」という名前は、日本各地にありそうなありきたりな名前です。
ただし、この付近は天気が良ければ実際に富士山が見えるので、ふさわしい名前とも言えます。


1973(昭和48)年8月の竣功となっています。






内部は全体が右へカーブしており、見通しが悪いです。

ちなみに、このトンネルですが、とあるスクールアイドルアニメのPVに登場してきますw






それほど長くない富士見トンネルを抜けます。
一応2車線の幅は確保されていますが、路側帯の外側はほとんど余地が無く、歩行者にとっては辛いものがあります。
見通しが悪いうえに飛ばしてくる車が多く、危険です。






富士見トンネルの土肥側坑口です。
沼津側坑口と異なる点は特にありませんが、日照時間の関係か、こちら側は植物のツルなどが多く見られ、扁額がほとんど見えません。





富士見トンネルを抜けると、今度は緩やかに左へカーブします。
富士見トンネルより先は、狭いながらも道路の両側に歩道が設置されています。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

左カーブの途中、現道は旧道と交差します。
信号機などはありません。





カーブを終えた現道は、駿河湾に沿うようにしばらくまっすぐに進みます。
このあたりは、沿道に住宅や商店、旅館が立ち並んでいます。






先ほどの富士見トンネルを抜けたあたりからは「長浜」という地域になっており、長浜という名前のバス停もあります。
バス停のすぐ脇には総合案内所もあり、少なからず観光に訪れる人もいるようです。
(最近ではとあるスクールアイドルアニメの聖地として、聖地巡礼に訪れる人もいるようです)






長浜という地名にふさわしい、そこそこ長い直線区間が、まもなく終わります。

県道17号線は、沼津市街と大瀬岬・戸田を結ぶ最短経路の道路となっており、沿道の人口も多いため、交通量はかなり多いです。






直線区間が終わり、右へカーブを始めたところで、左側から旧道が合流してきました。






旧道の合流地点を振り返ってみます。
なお、この区間の旧道は手前方向への一方通行になっており、こちら側から進入することはできません。





それでは、次のページでは旧道を調査します。


旧道へ  戻る



inserted by FC2 system