調査日:2012年11月19日


静岡県道17号線旧道区間(富士見トンネル周辺)
(旧道編)




静岡県道17号線の富士見トンネル周辺の旧道を調査しています。
地図の赤ラインが旧道で、これからこの旧道へ入ります。

沼津市街側(上側)から戸田側(下側)に向かいます。
また、写真は基本的に戸田側を向いて撮影しています。


地図は国土地理院の電子地形図を使用







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

現道と旧道分岐点です。
旧道への分岐が「伊豆三津シーパラダイス」(水族館)への入口にもなっており、非常に分かりにくいです。






伊豆三津シーパラダイスの出入口前を通り過ぎます。
取材時は、平日の夕方ということもあって人影もまばらでしたが、これが連休中の午前中ともなると現道まで渋滞するほどの混雑になることもあります。






富士見トンネルに吸い込まれていく現道を横目に、旧道は山裾に沿って右へカーブします。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

カーブの先は、一気に道幅が絞られ、自動車同士は離合不可能な幅になります。
路肩には、一部のみですが駒止めが設置されています。
なお、旧道のすぐ右側は伊豆三津シーパラダイスの施設となっており、非常に肩身の狭い思いをしながら進みます。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

さらにカーブが続きます。
左側のフェンスには駐車禁止の看板が設置されていますが、その内容は「バスがとおります」・・・。

現在、路線バスはすべて現道経由になっているので、伊豆三津シーパラダイスの送迎バスでも走っているのでしょうか?
確かに、駐車されたらバスなどは通れなくなってしまうでしょうが、バスはおろか自動車自体の通行も皆無なのが現状です。

ただ、富士見トンネルの歩道が非常に狭いため、歩行者や自転車はあえてこちらを通ることもあるようです。






カーブばかりが続き、見通しは非常に悪いです。
カーブミラーが設置されているのが唯一の救いでしょうか。






景色が開けてくると、長浜の住宅地に入ります。
このあたりは辛うじて自動車の離合が可能な幅があります。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

前方に現道が見えてくると、すぐに現道と合流となります。
ただし、旧道はさらに先へ続いており、ここでは交差するのみとなっています。





旧道は、再び自動車同士が離合不可能な幅になりました。
ただし、ここから先は手前から奥方向への一方通行となっており、離合の心配はありません。

むしろ、今までの区間は相互通行だったのですね・・・。






この区間は、民家が密集していて非常に見通しが悪いです。
脇道も多いため、「飛び出し注意」などの看板が設置され、注意を促しています。






進んで行くと、少し道幅が広がりました。
路面には「ード」と書かれた謎のペイントが残っていましたが、
「スピードおとせ」
「スピード注意」
あたりが書かれていたのではないかと思いますが、もはや読み取ることはできません。






道幅が広くなったかと思えば再び狭くなったり、安定しません。
また、路側帯もあったりなかったり・・・。

左側に設置されている「通学路」の標識は、静岡県内では比較的よく見かけるものですが、他県で見たことがないので、おそらく静岡県のオリジナル標識だと思われます。






このあたりは自動車同士が離合できる幅があり、かつ片側のみですが歩道も設置されています。

現道がある今、この旧道を利用するのは沿道の住民や、私のような旧道好きくらいなので、持て余している感じがありますが・・・。






緩やかな右カーブを終えると、あとは現道まで一直線です。






現道との合流地点です。
「止まれ」の標識は設置されていますが、現道とはほぼ直線で繋がっており、合流に近い形です。





現道との合流地点を振り返ってみます。

余談ですが、「指定方向以外進行禁止」の標識を見ると、補助標識が設置されていません。
この場合、すべての車両がこの標識に従わなければならず、例え自転車などの軽車両であっても旧道へ入ることはできません。






とあるスクールアイドルアニメの聖地として注目されている沼津市長浜地区。
聖地巡礼も兼ねて、旧道探索をしてみるのも良いかもしれません。


現道へ  戻る



inserted by FC2 system