調査日:2012年11月19日


静岡県道17号線旧道(久料地区)
(旧道編)





続いて、旧道(赤いライン)を調査します。
先ほどと同じく、沼津市側(上側)から伊豆市側(左側)に向かっていきます。


地図は国土地理院の電子地形図を使用






沼津市側の旧道と現道の分岐点です。
ここから旧道(左)に入ります。






駿河湾沿いを通っていた現道に対し、旧道は集落の中に入っていきます。
いかにも旧道といった雰囲気ですね。

道幅は、現道よりは狭いものの、軽自動車同士であればすれ違える程度です。






しばらく進むと、右へカーブします。

路面に40と消えかけたペイントがあるんですが、この道幅で40km/h制限なんでしょうか?
現道は40km/h制限なので、この旧道が現役時代だった時の名残なのかもしれませんが・・・。

早々に路側帯が消えました。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

カーブを曲がると、再び直線になります。

余談ですが、なんと小さなカニが旧道の脇を歩いていました。





  
まもなく、小さな橋が現れます。
長さが短く、欄干も非常に低いため、よく見ていないと見逃してしまいそうな橋です。





※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

反対側から見ると分かりやすいのですが、この橋、左右で欄干の方向が全く異なっています。
また、よく見ると左右で欄干のデザインも異なっています。
おそらく、右側の欄干は元々左側の欄干と平行に設置されていたのでしょうが、側道へ出入りしやすいように改築されたのでしょう。
(上の画像にマウスを乗せると道路拡張前の想像図に切り替わります)





※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

あの・・・、欄干の一部が宙に浮いてるんですが、大丈夫なんでしょうか?w
どうしてこのようなデザインにしたのか、理解できません・・・。

それとも、事故などで破損してしまったのでしょうか?

なお、こちら側の欄干には、銘板は設置されていませんでした。





  
残るもう片方の欄干には、1枚だけ「八重畑橋」という橋の名前が書かれた銘板が設置されていました。
現在、この辺りに八重畑という地名はありませんが、かつては存在していたのでしょうか?
それとも、地名とは関係の無い他の由来があるのかもしれません。
残念ながら竣功年月は分かりませんが、見た目からして相当古い橋であることは間違いありません。





八重畑橋を渡った旧道は、再び右へ曲がります。
"ゆるやかなカーブ"ではなく、"直線、カーブ、直線"と続くあたりは、古い道路の特徴と言えます。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

旧道は、右を住宅、左を山に挟まれた見通しの悪い場所を通っていきます。
この辺りが、これまでの中で最も狭い場所ではないかと思います。

あと、右下に写っている小さい白い物体の正体は、ぬこ!
めっちゃガン見されてるけどかわええなぁ・・・。







まもなくカーブが終わろうかというところで、前方が開けてきました。
奥には現道が見えています。

そして、ここにも路面に40のペイントの跡が・・・。
やはりこの狭さで40km/h制限だったのでしょうか?
まぁ、40km/h制限だからと言って40km/hまで出さないといけないわけではありませんが・・・。







カーブも終わり、あとは現道との合流を待つのみとなりました。

写真左側に、植物に埋もれるように古ぼけた看板が立っているのが見えます。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

「ワンマンバスは後退困難ですので、対向車のご協力をお願い致します」

一部の文字はかすれてしまっていますが、読み取ることができました。
現在、路線バスはすべて現道を通過していますが、現道が開通するまでは当然この旧道を通っていたのです。
この看板は、バス会社が立てたものなのか、それとも自治体が立てたものなのか・・・。いずれにしても、もうこの旧道を路線バスが通ることはありません。






そして、現道と合流し、旧道の区間は終了します。







距離が短く、気軽に探索することができる旧道でした。

静岡県道17号線には、各所にこのような小規模な旧道区間があるので、また機会があれば調査したいと思います。







戻る


inserted by FC2 system