調査日:2018年3月25日、公開日:2018年6月30日


県道388号線旧道区間(市代トンネル周辺)
(川根本町)



静岡県道388号接岨峡線は、静岡県榛原郡川根本町を起点とし、同町奥泉を終点とする全町7.6kmの短い県道です。
大井川鐵道井川線や大井川と並走するような線形となっています。
川根本町から井川方面へのアクセス道路として利用され、行楽シーズンには混雑することもあります。
現在はセンターライン付きの2車線となっている場所が大半のため、走りやすい道路となっています。
しかし、そうなったのは近年になってからのことで、ところどころに旧道が残されています。
今回は、そのうちの1ヶ所、市代トンネル周辺をご紹介します。

左の地図で、黄色いラインが県道388号線です。
左下の赤いラインが旧道を示していますが、鋭い方なら普通の旧道ではないことが分かると思います。
なお、県道388号線を回り込むように通っている鉄道が大井川鐵道井川線です。
また、長島ダムから同じように県道を回り込んでいる川は大井川となっています。

今回は、川根本町側(地図の下側)から井川側(地図の右側)へ向かって調査していきます。
まずは現道をレポートしていきます。


地図は国土地理院の電子地形図を使用






2車線幅が続く県道388号線。
このあたりは、ほとんど人工物が無く、まさに秘境といった雰囲気です。
耳を澄ますと、時折大井川鐵道井川線の列車の音が聞こえてきます。

遠くに見えてきたトンネルが市代トンネルです。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

市代トンネルを前に、現道は橋を渡ります。
しかし、実はこの橋の直前で旧道が右へ分岐しています。
よく見ると、奥のほうに旧橋らしきものがあるのが分かります。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

ここではそのまま現道を進みます。
この橋ですが、銘板らしきものが1枚も設置されておらず、橋の名前や竣功年月が分かりませんでした。
唯一分かったのは、最後に塗装した年月だけですw

【2018年7月1日追伸】道路台帳図により、「末広橋」であることが判明しました。情報をくださった読者の方に感謝いたします。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

橋を渡り終えると、いったん旧道が合流してきます。





橋を渡り旧道と合流すると、市代トンネルへと向かいます。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

いよいよ現道が市代トンネルへ入ろうというところで、旧道が左へ分岐していきます。
しかし、旧道は現道によって分断されてしまっています。
この区間の旧道は探索することができるのでしょうか・・・。
とりあえず、今は現道を進みます。





※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

市代トンネル川根本町側坑口です。
一般的な隧道では扁額が設置されている坑口の真上には、大井川鐵道井川線の特徴であるアプト式機関車が描かれています。
代わりに、扁額は坑口左側上部に設置されています。





また、坑口左側下部にはプレートが埋め込まれており、これによると1982年3月の竣功となっています。






市代トンネルは、入った直後から右へカーブします。
トンネル内も2車線幅が確保されており、すれ違いに困ることはありません。
一応、歩行者が歩ける歩道のようなスペースも両側にあります。






カーブが終わると、出口が見えてきました。
また、トンネル内で若干勾配が変化しているように見えます。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

まもなく出口というところで、なぜか内壁がひとまわり広くなりました。
しかも、出口に向かって再び元の広さに戻っていくという・・・。
何のための施工なのか理解できませんが、何かしらの意味があるのでしょう。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

市代トンネル井川側坑口です。
こちら側は、川根本町側のような凝ったデザインではなく、至って普通の坑口となっています。
そのため、扁額は坑口の真上に設置されていますが、扁額自体の大きさは川根本町側のものと揃えられているため、やや小さい印象です。





市代トンネルを抜けた現道は、すぐに右へカーブします。
トンネルを出た直後のカーブは目が明るさに慣れていないため、危険な線形であるといわれます。
とはいえ、この道路は時速40キロ制限なので、法外な速度でも出さなければ問題はないのでしょう。






カーブを抜けると、標識によって接岨峡エリアへと入ったことを知らされます。
それでは、続いて旧道の探索をしていきます。

え?
さっき分岐した旧道はどこで合流したかって?
実は、井川側の旧道の合流点は存在していません。
正確には、見えない位置で合流していたというべきかもしれませんが・・・。

これについては、旧道のレポートを見ていただいた方が早いと思うので、旧道のレポートへどうぞ。



旧道へ  戻る




inserted by FC2 system