調査日:2021年4月24日、公開日:2021年9月29日


県道389号線謎の重複指定区間
(森町)




静岡県道389号線は、浜松市天竜区と周智郡森町を結んでいる道路です。
延長が68kmと長いですが、地形が厳しい山間部を通るため、今なおセンターラインが無い場所が多いです。
その険しさゆえ、土砂崩れなどで通行止めとなることも珍しくありません。
そんな県道389号線に、謎の重複指定区間が存在しています。

目標物が少ないため、まずは広域の地図でおおまかな場所を確認します。
右側の丸で囲んだ部分、ちょうど森町と浜松市の境界付近が、今回紹介する区間となります。
なお、地図の北(上)側が浜松市、地図の南(下)側が森町となります。
左上にかろうじて「秋葉ダム」と書かれてはいますが、それ以外に目安となりそうなものが無い山の中となります。


地図は国土地理院の電子地形図を使用








続いて、丸で囲んだ部分を拡大した地図です。
いつもであれば該当部分に赤ラインを引くのですが、今回は重複指定されていることが分かるよう、ラインを引いていません。
地図の北側に周智トンネルと書かれ、県道を示す黄色いラインの道路が通過していますが、これは県道58号線となっており、今回紹介する県道とは異なります。
地図のやや西(左)側をカーブを描きながら南北に通過している黄色いラインの道路が県道389号線となります。
ラインが細い"軽車道"(道路幅1.5m〜3m)として書かれている部分もあるなど、地図を見るだけで"険"道であることが窺えます。

そして、その県道389号線を北側から辿っていくと、地図の中央付近で2本に分岐し1kmほど並走したあと、地図の下側で合流しているのが分かります。
分岐した県道のうち、東側のルートは前半は軽車道として書かれているものの、後半は2車線の道として書かれています。
一方、西側のルートは一貫して軽車道として書かれており、より険しそうに見えますが、線形だけを見れば、こちらのほうが優れているようにも見えます。
バイパスの開通などで重複指定区間ができることはよくありますが、この場所については一体どのよう理由で重複指定されているのか分かりません。

しかも、この国土地理院地図のほか、Yahoo!地図も同様の描き方となっていますが、GoogleマップやMapion、MapFan、いつもNAVIといった多数の地図は西側ルートのみを県道389号線として描いているなど、違いが見られるのです。
一体どちらが正しいのか、もしくはどちらも正しくないのか、見ていきたいと思います。

今回は、浜松市方面(地図の上側)から、森町方向(地図の下側)へ向かって調査していきます。


地図は国土地理院の電子地形図を使用







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

県道を示すヘキサこそ設置されているものの、乗用車がすれ違える程度の幅しかないため、県道らしさが感じられない県道389号線。
同じような道幅の道路が分岐するため、県道の方向を示す補助標識が随所に設置されています。
もし、重複指定の分岐地点にも設置されていれば、一発で決着がつくのですが・・・。





※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

【悲報】補助標識設置なし(知ってた

先ほどの交差点よりも絶対にこちらのほうが必要だと思うのですが、設置されていないということは、「どちらも県道389号線である=重複指定されている」という認識なのでしょうか。
道幅は同じくらい、路面の状況を見ても交通量はほぼ1:1といった感じですし、停止線なども無いので、どちらが優先道路なのかも不明という・・・。
なお、この分岐には対向車線側のみ静岡県によって設置された案内看板がありますが、特に手掛かりになるような表記はありませんでした。





とりあえず、まずは東側ルートを進むことにします。

分岐してすぐ、「森町」のカントリーサインが設置されています。
最近は町章入りのものが設置されていますが、こちらに設置されているのは文字のみの古いタイプとなっています。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

ってヘキサ立ってるじゃねーか!
しっかりと静岡県が設置したものであり、しかも設置されてからそこそこの年月が経過しているように見えます。
この瞬間、Googleマップ、Mapion、MapFan、いつもNAVIの地図が誤りであることが早くも確定しました。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

その先には、路肩にバリケードが置かれていましたが、「袋井土木事務所」と書かれており、やはり県道であることに間違いないようです。
路肩に堆積したままの落ち葉が、交通量の少なさを伺わせます。





※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

少し開けたかと思えば、三叉路に突き当たります。
同じくらいの道幅の道路が別れていますが、補助標識により県道は右折であることが分かります。
なお、先ほどの分岐点からここまでの間が、地図上では軽車道として描かれていました。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

右折すると、気持ち道幅は広がったような気もしますが、狭いことに変わりありません。
カーブミラーは、やはり静岡県による設置となっています。





いや、これは道幅3mも無いのでは・・・。
下手したらこれまでの中で一番狭いかもしれません。

まぁ、そんな細かく分けていたら地図として見にくくなってしまうでしょうから、仕方がない部分ではありますが・・・。






地図のとおり、基本的にはカーブばかりとなり、あまり視界は良くありません。
それにしても、驚くほど交通量が少ないです。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

静岡県らしく、茶畑の合間を通る場所もあります。
この場所は、農作業を考慮してかガードレールではなくデリニエーターが設置されていますが、静岡県のシールが貼られ、もはや疑いようがありません。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

対向車線側に滑りやすいの標識が設置されています。
いくら温暖な静岡県とはいえ標高300mを超えているので、このあたりは雪が降ってもおかしくありません。
そういえば、西側を並走しているはずの、もう1本の県道389号線はまったく見えません。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

しばらく交差点はありませんでしたが、ここで左側から登ってきた道路と合流します。
地図にも記載がある道路ですが、県道の方向を示す補助標識は設置されていません。
なお、この交差点のカーブミラーは森町の設置でした。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

直後、右側から下ってきた道路と合流します。
この道路が、もうひとつの県道389号線、西側ルートになります。
分岐時は、どちらも道路幅が同じくらいでしたが、こちら側は今通ってきた東側ルートのほうが広くなっており、本線のように見えます。
ただ、やはり県道の方向を示す補助標識は設置されておらず、判断はできません。

疑問点は解決しないまま、もう1つの西側ルートの探索に向かいます。


西側ルートへ  戻る




inserted by FC2 system