調査日:2018年3月4日、公開日:2021年5月30日


県道410号線旧道(旧道編)
(松崎町)




西伊豆町を通る静岡県道410号線の旧道を探索しています。

黄色いラインが静岡県道410号線、赤いラインが旧道となります。
旧道がヘアピンカーブを連続させているのに対し、現道は1つの大きなカーブで通過する、典型的なパターンといえます。
地図上では、旧道はまったく描かれていませんが、実際はどうなっているのでしょうか。

松崎方面(地図の左側)から、仁科峠方向(地図の右側)へ向かってレポートしていきます。
それでは、旧道を探索していきます。


地図は国土地理院の電子地形図を使用







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。


旧道との分岐点です。
ガードレールが設置され、植樹もされているので車両の乗り入れはできません。
ただし、立ち入りを制限するものも無く、徒歩であれば入ることができます。





それでは、旧道に入ります。
静岡県の場合、このような旧道はほったらかしにする場合が多く、植樹されているパターンは珍しいように思います。






すぐに1つめのヘアピンカーブに差し掛かります。
現道のヘアピンカーブはなかなかの勾配でしたが、旧道のヘアピンカーブも結構キツい勾配であることが分かります。

乗用車であれば普通にすれ違えるほどの広さがあります。






ヘアピンカーブを過ぎると、1車線幅となりました。

現道の橋の竣功年月から、旧道化したのは1998年頃であると推測されますが、20年ほど経過しているとは思えない状態の良さです。
やや標高が高いため草木が成長しにくいことや、勾配が急なため土砂などが路面に堆積しづらいことなどが要因でしょうか。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。


短い直線のあと、2つめのヘアピンカーブに差し掛かります。
ここには、踏切に設置されている遮断竿のようなオレンジ・黒ストライプ模様の棒が設置されています。
この物体の正体ですが・・・





カーブミラーの支柱だと思われます。
一般的に、カーブミラーの支柱はオレンジ1色であることが多いですが、県道410号線に設置されているカーブミラーには、支柱がオレンジ・黒ストライプ模様となっているものがあります。
おそらく、踏切と同様、注意を促すためにこのような配色にしていると思われますが、私は県道410号線以外では見たことがありません。






2つめのヘアピンカーブを過ぎると、前方には現道のガードレールが見えてきました。
このあたりは、アスファルト塗装ではなく、コンクリート塗装になっているようにも見えます。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。


そして、3つめのヘアピンカーブで現道に合流します。
こちら側も、ガードレールが設置されているため、車両の乗り入れはできなくなっています。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。


ちなみに、合流したすぐ先の擁壁には、「LOVE 安全に!」と書かれています。
誰が、どんな異図でここに文字を刻んだのかは不明ですが、「LOVE」と書いていることから、この廃道がよほど気に入ったのでしょう(違





わずか200mほどのミニ旧道ではありましたが、ヘアピンカーブが連続する探索している楽しい廃道でした。


戻る




inserted by FC2 system