調査日:2017年3月4日、公開日:2019年4月20日


静岡県道80号線旧道区間(下多賀地区)
(旧道編)





静岡県道80号線の下多賀地区にある旧道を探索します。
地図上の赤いラインが旧道となり、現道では、わずかカーブ1つ分という非常に短い旧道区間となります。

基本的に、地図の左下側(伊豆市側)から右側(熱海市側)に向かっていきます。


地図は国土地理院の電子地形図を使用






現道と旧道の分岐点です。
少し分かりにくいですが、奥にあるガードレールが曲がっている部分が旧道の入口です。





旧道は、一応チェーンで塞がれていますが、特に立入禁止などの表示は見当たりません。
わずかながら轍の跡も見られ、たまに車が入っているような雰囲気もあります。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

旧道に入ってすぐ、通常よりも低い位置にカーブミラーが残っていました。
もしかすると、このあたりの旧道は、現道に合わせて路面がかさ上げされているのかもしれません。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

最初のカーブを過ぎると、一気に路面が荒れました。
次のカーブにもカーブミラーが設置されており、こちらには静岡県のシールが貼られていました。






※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

このカーブの途中には、ガードレールに「4KM」の標識が設置されていました。
県道80号線の起点からの距離だと思われます。





路面には、今も最高時速30キロのペイントが残っています。

旧道区間には、ほとんど直線がありません。
カーブも、見通しが悪く狭いため、現役時代は通行に神経を使ったのではないでしょうか。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

このあたりが、この旧道の中でもっとも荒れている区間です。
それでも、状態は良好で、歩いて探索する分にはまったく問題ありません。
この場所に設置されているカーブミラーにも、「静岡県」の文字がペイントされていました。
そして、奥には現道との合流地点が見えてきました。





そして、現道と合流します。
こちら側は、チェーンに加えてバリケードも設置されていますが、すぐに退かせることができるようになっています。






非常に短い旧道区間ながらカーブミラーなどが残っており、状態も良いので気軽に探索を楽しめました。

今では、センターライン付きで快適に走れる区間が多い県道80号線ですが、かつては離合も難しいような狭い道であったことを、この旧道は教えてくれました。



続きへ  戻る




inserted by FC2 system