調査日:2018年3月25日、公開日:2019年12月19日


県道81号線旧道区(庄司文殊トンネル周辺)
(島田市)



静岡県道81号線は、掛川市と森町を結んでいます。
市街地を通る区間は2車線幅以上で比較的走りやすいですが、山間部では現在も1車線幅の区間があります。
現在は2車線幅となっている場所も、線形改良によるものがあり、今回紹介する区間も、線形改良による旧道になります。

左の地図で、遠回りをするように左右に通っている黄色いラインが県道81号線です。
右上に見えている赤いラインは国道473号線、その隣を通っている黒いラインは大井川鐵道です。
そして、下側を左右に通っている緑のラインは新東名高速道路です。

旧道は、地図の左上の赤いラインになります。
なお、右側が掛川市方面、左側が森町方面となります。


地図は国土地理院の電子地形図を使用






旧道付近を拡大した地図です。
庄司文殊トンネルという変わった名前でショートカットする現道に対し、旧道は大代川の支流に沿って大回りをしています。
驚くほど長いというわけではありませんが、そこそこ長い旧道区間となっており、未だに地図に描かれています。
果たして、現状はどのようになっているのでしょうか。
ちなみに、この地図には一部に間違いがあるのですが、それについては後ほど書いていきます。

それでは、まずは現道からレポートを始めます。
基本的に、左(西側)から右(東側)へ向かって進んでいきます。


地図は国土地理院の電子地形図を使用






センターライン付きの場所が多い県道81号線ですが、未だにすれ違いが困難な狭い区間も存在しています。
とはいえ、そのような場所は交通量自体が少なく、拡幅を必要としないのも実情です。






少し開けた場所に出たかと思うと、左側にいかにもな分岐で旧道が登場しました。
ここから見た感じはまだ通れそうですが、とりあえず現道を進みます。





先ほどまでの狭さと線形が嘘のような快適な道路になりました。
逆に、向こうから来た車は、これからの狭さと線形に驚くことになりそうです。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

現道は、すぐに庄司文殊トンネルに入ります。
変わった名前ですが、付近に文殊堂というお堂があり、それに関係しているのかもしれません。
扁額には、竣功年月などは書かれておらず、トンネル名のみが書かれています。





坑口の左側には銘板も設置されており、竣功年月などはこちらに書いてあり、これによると1999(平成11)年11月となっています。
となると、旧道化もその時期ということになり、そこまで古い旧道ではないと思われます。






新しいトンネルということもあって、トンネル内はしっかりと2車線幅が確保されているうえ、両側に歩行者が歩けるスペースもあります。
正直、今の交通量に対してはオーバースペックなところですが、照明はほとんど消えているため、広い分暗さが際立ちます。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

ほぼ直線な庄司文殊トンネルを抜けると、緩やかな左カーブとなります。
掛川市側の坑口も、森町側のものと同じデザインとなっています。





左カーブを抜けると、11%というそこそこキツい勾配に差し掛かります。

車道の勾配は、その最高速度によって上限が決まっており、11%は最高速度30キロの道路の場合の上限勾配となります。
つまり、かなりギリギリの設計ということになります。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

途中、目立つ位置に島田市土木事務所による置き台が設置されており、袋入りの塩化カルシウムが置かれていました。
交通量の多い道路などでは、作業車によって散布されることもありますが、この場所については各自の判断で使用することになっているようです。
とはいえ、まず袋自体が重そうですし、持ったところで路面全体に散布するのはかなり難しい気がしますが・・・。





つづら折りありの警戒標識が現れました。
このあたりは、積雪の影響なのか路面の痛みが激しいです。






警戒標識のとおり、カーブが続きます。
この場所にも、塩化カルシウムが置かれていました。






いくつかのカーブを抜けると、木々の隙間から合流してくる旧道が見えてきました。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

そして、旧道が合流してきました。
こちらも、非常に分かりやすい分岐となっています。





旧道が合流した先は、急激に道幅が狭くなります。
むしろ、今までの区間が現道の開通で広くなったという表現のほうが正しいのでしょう。
現道の開通前は、やはりこのような道幅が永遠に続いていたのではないかと思われます。

県道81号線は、現在でもこのような狭い区間が残っています。
次のページでは、旧道をレポートしていきます。






続きへ  戻る




inserted by FC2 system