多比第一隧道とその旧隧道



調査日:2008年3月23日



多比第一隧道は、静岡県沼津市の国道414号線に存在するトンネルです。ちなみに多比は「たび」と読み、難読です。

国道414号線は、古くから伊豆へのアクセス道路として栄え、場所によっては道路の付け替えも行われました。
この多比第一隧道もそのうちのひとつで、旧隧道が存在しています。

現在も生活道路として使用されている旧隧道を、国道の隧道としては珍しい特徴のある多比第一隧道とともに紹介します。


私の手描きの図で申し訳ありませんが、現隧道との位置関係はこのようになっています。

黒いラインが現道の国道414号線、オレンジのラインが旧道となります。
旧道・旧隧道ともに現在も自動車の通行が可能となっています。


このレポートでは、現在国道414号線として使用されている多比第一隧道から紹介していきます。






写真は沼津市街側から内浦側を向いて撮影しています。
この先、特に表記が無い限り、国道414号線の写真は内浦側を向いて撮影したものです。

旧道との分岐点です。
追い越し禁止のセンターラインがある道が国道414号線、左に分かれる細い道が旧道となります。

このまま国道414号線を進んでいきます。
















すぐに多比第一隧道が現れます。少し遠いですが、沼津市街側の坑口です。
一般的なコンクリート製となっています。


扁額です。昭和37年3月竣功、延長90m、幅6m、高さ4,5mと、なかなか年季の入った隧道です。


国道の隧道としては小さめですが、外見は普通な多比第一隧道。しかし、内部がすごいことになっています。


なんと、一部が素掘りになっているではありませんか!
これが地方道なら特に不思議には思いませんが、ここは国道です。国道に掘られた隧道が素掘りというのは、かなり珍しいと言えます。


※この写真は、内浦側から沼津市街側を向いて撮影したものです。

内浦側口坑です。沼津市街側と同じ作りになっています。
隧道内は右側に歩道が設置されていますが、かなり幅が狭く、自転車だと本当にギリギリですw 確実にすれ違いはできません。
また、隧道内のみ車道の幅も狭くなっており、やはり国道の隧道としては少し小さいようです。





※この写真は、内浦側から沼津市街側を向いて撮影したものです。

多比第一隧道を抜けるとすぐに旧道が合流してきます。すでに少しだけ旧道の隧道も見えていますね。
ここからは旧道をたどっていきます。



















※この写真は、内浦側から沼津市街側を向いて撮影したものです。

旧隧道の内浦側坑口です。幅は1車線くらいでしょうか? 扁額などはなく、非常にそっけない姿となっています。



隧道内です。ほとんどがコンクリートの吹きつけとなっていますが、沼津側坑口付近のみが煉瓦積みとなっています。


そして沼津側坑口です。なんと沼津側は立派な煉瓦積みとなっています! この差は何なのでしょうか?
アーチの厚巻が1重しかないのが少し気になりますが・・・。小さい隧道なので1重でも十分なのでしょうか。

こちら側にも扁額がないため、隧道名や竣功年月は分からずじまいでした。





国道の隧道でありながら、未だに素掘りの場所が残る多比第一隧道と、2つの坑口がまったく異なる顔を持つ旧隧道。
どちらの隧道も訪れやすい場所にあるので、近くを通りかかった際に立ち寄ってみてはいかがですか?



戻る



inserted by FC2 system