調査日:2014年8月8日・13日


高尾台付近の旧道
(沼津市)





静岡県沼津市の高尾台という地区に、かなり短い旧道区間が存在します。

その場所は、東名高速道路の沼津ICにほど近い、住宅街の外れにあります。
左の地図の黄緑色のラインが今回調査する道路で、うち赤いラインの部分が旧道となります。

今回は、旧道のレポートとしては珍しく国道や県道ではありません。
そのため、ネタもほとんど無く、本当にただのレポートとなっています。
ご了承のうえでご覧ください。

なお、このレポートでは南側(下側)から北(上)へ向かって調査していきます。


地図は国土地理院の電子地形図を使用






高尾台という地区は、住宅が建ち並ぶ典型的な住宅地です。
そのメインストリートとなっているのが、今回紹介するこの道路です。
センターラインのある完全な2車線で、両側にはしっかりと歩道も完備されています。

近年は本数が減少しているものの、沼津駅からは富士急シティバスによる路線バスも運行されています。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

道路の両側にあった住宅と街路樹が途切れましたが、道路はそのまままっすぐに続いています。
しかし、側溝の蓋をよく見ると、不自然なカーブを描いて右へ逸れていくのが分かります。





さらに、いかにもそれらしい分岐が右に現れました。
ここから旧道が始まります。
まずは、現道をそのまま辿ってみます。





現道は、相変わらずゆったりとした2車線幅と歩道でまっすぐ続いています。
旧道が分岐したところからセンターラインの引き方が変わり、これまでよりもさらに幅に余裕を持った造りであると分かります。






若干のこう配の変化をつけながら、現道は続きます。

写真の通り、決して交通量が多いとは言えず、オーバースペックのようにも見えますが、この道路の先には「あしたか球場」があり、さらに付近には「東部運転免許センター」もあることから、場合によってはかなり交通量が増える時もありそうです。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

若干の左カーブと同時に、右側から旧道が合流し、旧道区間は終了となります。
また、旧道の合流と同時に、センターラインが通常の引き方に戻りました。





旧道が合流したあとも道路は2車線幅のまま続きますが、レポートはここまでとします。

次のページでは、引き続き旧道を調査します。







続きへ  戻る



inserted by FC2 system