當目橋


調査日:2009年2月15日

當目橋は、静岡県焼津市の県道416号線にある小さな橋です。當目で「とうめ」と読みます。
この橋の竣功はなんと昭和3年! そんな歴史ある當目橋をレポートします。





静岡県道416号線は、静岡市駿河区と焼津市を結ぶ道路です。
2004年までは国道150号線だったこともあり、片道1車線ながらかなりの交通量があります。

この県道416号線は、静岡市と焼津市の境界付近で「大崩海岸」といういかにも恐ろしい地名の場所を通ります。
写真左側に小さく写っている道路情報板には「通行注意 落石 石部〜浜当目」と書かれており、落石の危険があることを伝えています。


當目橋は、そんな大崩海岸に差し掛かる手前、焼津駅の近くにあります。


※県道416号線の廃道区間のレポートについては こちら 







緑色に塗られた親柱と低い欄干が特徴的なこの橋が、當目橋です。写真は焼津側から撮影しています。
横断歩道に挟まれており、交差点の一角と化してしまっていますが・・・。


静岡側です。こちら側は、2本ある親柱のうち右側の1本が改修され、コンクリート製のそっけない物になってしまっています。
また、幅が2車線ギリギリしかなく、明らかに現在の交通量には対応できていません。
両側には歩行者用の橋も設置され、ただでさえ小さな當目橋の存在を分かりにくくしていまっています。

  
親柱に刻まれた橋名(左)と竣功年月(右)です。
見にくいですが、竣功は昭和3年10月と読み取れます。ものすごい歴史の持ち主ではありませんか!
昭和3年でこの幅ということは、当時で言えば相当な規格になります。


そして、橋のちょうど中間にある親柱には、なにやら文字が彫ってありました。
「至静岡市 一一二枡」と書いてあるように見えます。おそらく静岡市までの距離を表しているのではないでしょうか。

破格の規格といい掘られた文字といい、竣功当時の當目橋は、おそらく重要な役割を持っていたのでしょう。

上の画像にマウスを乗せると文字部分を拡大します(少々時間がかかる場合があります)。




最後に・・・静岡県が設置した看板には、なぜか當目「小」橋と書かれています。
近くに當目大橋があるわけでもないようなので、どのような意向で「小」を付けたのか分かりません。


※【2013年2月訂正】當目大橋は近くに存在していました。誤った情報を書いてしまい、申し訳ございませんでした。



80年以上の歴史を持つ當目橋。
交通量の多いことが災いし、親柱や欄干の損傷が目立ち、ところどころで痛々しい姿をさらしています。
しかし、この橋があるからこそ今の交通があるのであり、なければならない存在に違いありません。
今後も末永く活躍していくことを願っています。


戻る



inserted by FC2 system