調査日:2012年10月7日〜10月9日


東芝機械・矢崎電線専用線
(沼津市)




東芝機械・矢崎電線専用線は、JR御殿場線の大岡駅〜沼津駅間から分岐していた専用線です。
地図を見て分かるように、東芝機械の敷地内を通過し、さらに先の矢崎電線まで繋がっているという、少し珍しい専用線でした。

現在も、東芝機械と矢崎電線は同一の場所にあるため手掛かりは多いものの、廃線となってから時間が経過しているため、専用線の痕跡はほとんど失われています。
また、私有地などで調査できない区間もあり、謎の残る専用線でもあります。


それでは、左図の左下から右上へ向けてレポートしていきます。


地図は国土地理院の電子地形図を使用







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

東芝機械・矢崎電線専用線は、JR御殿場線の大岡駅〜沼津駅間、矢印のあたりから分岐していました。
(写真手前が沼津駅側、写真奥が大岡駅側となります)

右側に少し写っている線路が車庫への引き上げ線、その左側が御殿場線の線路となっていますが、さらに左側には不自然なスペースがあります。
御殿場線は過去に複線だった時代があるので、複線分のスペースがあってもおかしくはありませんが、どう見ても複線分以上のスペースがあるように見えます。
おそらく、専用線は沼津駅から分岐地点まで御殿場線と並走するように伸びていたのではないでしょうか。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

専用線の分岐地点です。
専用線は矢印のように分岐していたと思われます。

ちなみに、手前側の線路は引き上げ線ですが、短編成の列車が多くなった今では引き上げ線の末端部分に入線する列車は少なく、線路上に草が生えてしまっています。
なお、この引き上げ線はこの写真の右側で終わっています。







分岐地点付近の拡大地図です。
分岐した専用線は、すぐに御殿場線から離れ、国道を横断していました。

これから、地図の下から上に向かっていきます。


地図は国土地理院の電子地形図を使用







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

専用線跡は、分岐直後から道路に転用されており、分かりやすいです。
右側の架線柱があるのが御殿場線で、専用線は矢印のように分岐していたと思われます。






ちなみに、同地点から振り返るとこのようになっています。
御殿場線の線路の位置を見ても、いかに広いスペースかが分かると思います。

実はこの場所、柵や立入禁止の標識なども無く、普通に線路内に入れてしまいますw
どうもこの場所、過去の航空写真を見ると踏切らしき物があるようにも見えるので、その名残なのかもしれません。






専用線跡は、左へカーブし、御殿場線から離れます。
ゆるやかなカーブが廃線跡を思わせますが、目立った遺構は残っていません。

専用線跡に沿うように建っている左側の建物は、専用線が現役の時代からの物なのでしょうか?







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

さらに左カーブが続き、前方に国道が見えてきました。
ここで、右下(○で囲んだ部分)に気になる物を発見しました。







これは、もしや架線柱の跡・・・?
もし架線柱だったとすると、この専用線は電化されていたということになりますが・・・。
残念ながら、電柱の跡だと思われます。





※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

専用線跡は、国道414号線を横断します。
残念ながら、踏切跡は一切残されていません。

国道を横断した専用線は、東芝機械の敷地に入っていきます。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

この先、しばらくは東芝機械の敷地に沿った市道から専用線を撮影します。
専用線は、矢印のように通っていたと思われます(この写真は分岐点側を振り返っています)。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

この辺りから、専用線はほぼ直線となって続いていたと思われます。
現在、専用線跡は東芝機械の従業員用駐車場になっています。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

そして、駐車場を抜けた専用線は、市道を横断して東芝機械の工場内に入っていきます。







※この画像はマウスを乗せると切り替わります(少々時間がかかる場合があります)。

専用線は、矢印のように市道を横断していたと思われます。
ここも、踏切があった痕跡はまったく残っていません。
ただ、道路には線路の高さに合わせるためにできたと思われる不自然なこう配(写真右側手前)があり、かろうじて踏切跡だと分かります。

この市道の横断すると、専用線はすぐに東芝機械の工場内に入ります。
また、この先は工場に並走する一般道も無いため、しばらくの間は専用線跡を辿れなくなります。

次のページでは、東芝機械の工場を抜けた場所から再スタートします。



続きへ  戻る




inserted by FC2 system