調査日:2012年10月12日


月見橋
(沼津市)





「月見橋」という、なんともおめでたい名前の橋が、沼津市の中心部、沼津駅に近い場所にあります。
地図左側、赤線で示した場所に月見橋があります。また、右上にある駅は沼津駅です。

立地場所などに特段の特徴はありませんが、竣功年月の古い橋だったので、取材しました。


地図は国土地理院の電子地形図を使用






先ほどの地図でいうと月見橋の左側、西側からレポートしていきます。

月見橋は、交通量の少ない2車線幅の道路にあります。
写真奥が月見橋です。

余談ですが、手前の一方通行路はかつて沼津駅と沼津港を結んでいた沼津港線の廃線跡です。







こちらが月見橋です。
長さはせいぜい数メートルほどで、意識しなければ橋だと気づかないのではないかと思います。





欄干です。至ってシンプルなデザインとなっています。
ガードレールと比較すると、かなり高さが低いのが分かります。
昭和前半に竣功された橋は、特徴として欄干の高さが低いことが挙げられます。

余談ですが、近くにある 「三又橋」 の欄干とよく似たデザインとなっており、関連性が気になるところです。





  
親柱(と呼べるのか分かりませんが)です。
こちらも、欄干と一体化したシンプルなデザインとなっています。
ただ、車両に接触されたのか、相当状態が悪いものもありました。



  
銘板です。「月見橋」、「つきみはし」と1枚ずつ漢字とひらがなで橋名が書かれています。
しかし、漢字で書かれた銘板は、一部が親柱ごと欠けてしまっており、痛々しい姿に・・・。





残る2枚は竣功年月が書かれていますが、昭和28年12月竣功となかなかの古参です。





月見橋の側面です。
長さが短いため橋脚は無く、1スパンで川を跨いでいます。
また、橋の下には補強が入っているようにも見えます。

それにしても、橋台と橋自体の構造が合っていないような気がするのですが・・・。


なお、写真を見ても分かるように、この月見橋より先は川を塞いで駐車場になっており、欄干の外側に車が駐車しているという少し不思議な光景が見られます。






竣功からすでに60年を超えている月見橋。
地味な存在ですが、これからも日々の交通を支えてくれることでしょう。

「月見橋」という名前の由来を知りたいところです。



戻る




inserted by FC2 system