調査日:2013年1月20日


横内橋と横内新橋
(藤枝市)



静岡県藤枝市の街中に、新旧2本の橋が並んでいます。
それだけならよく見られる光景ですが、この2本の橋は、少し変わった過去を持っているようです。


藤枝市の横内という地域に、その橋は架かっています(中央付近赤ライン部分)。

国道がピンクライン、県道が黄ラインでそれぞれ塗られています。
地図の上部には国道1号バイパス(ピンクライン)が通っており、橋がある県道とは向谷インターチェンジで接続しています。
また、左側に見切れているのは広幡インターチェンジで、こちらは別の県道と接続しています。

それでは、新旧2本の橋のうち、まずは新橋からレポートしていきます。
地図の下(南側)から上(北側)へ向かっていきます。


地図は国土地理院の電子地形図を使用






片道1車線ずつの幅を持つ県道381号線。
旧:国道1号線だったこともあり、交通量は非常に多いです。
そんな場所に、この橋が架かっています。

ちなみに、橋の奥には国道1号バイパスの高架がわずかに見えています。






親柱です。
ほとんど装飾の無い、シンプルなコンクリート製となっています。





  
銘板です。
4枚設置されているうち、2枚はそれぞれ「横内新橋」・「よこうちしんばし」となっています。
新しい橋というと、「新○○橋」となる場合が多いイメージがあるので、「○○新橋」というのは珍しい気がします。





残りの2枚はいずれも竣功年月が書かれています。
橋名の銘板が横書きだったのに対し、竣功年月の銘板は縦書きとなっており、これも少し珍しいのではないでしょうか。

横内新橋の竣功年月は昭和32年3月と、新橋にしては古いイメージがあります。
この竣功年月を覚えておいてください。






横内新橋は、車道2車線+両側に歩道という、昭和30年代に竣功した橋としてはかなり良いスペックです。
また、桁は中央部分を頂点として緩やかなかまぼこ型となっています。

ちなみに、渡っている橋は朝比奈川といい、某アニメが好きな人なら反応しそうですw






横内新橋の反対側です。
長さは50mほどでしょうか。






横内新橋を横から見てみます。
桁の中心部分が盛り上がっていたので、てっきり中心に橋脚が1本あると思っていたのですが、そうではありませんでした。






続いて、旧橋をレポートします。



2ページ目へ  戻る




inserted by FC2 system